肌を保湿するには|セラミドの化粧水で肌の乾燥さようなら|うるっと美肌になろう
ウーマン

セラミドの化粧水で肌の乾燥さようなら|うるっと美肌になろう

肌を保湿するには

スキンケア

肌のバリア機能とは

肌には表面の皮脂膜、その下の細胞間脂質というバリア機能があります。この細胞間脂質は40〜65%がセラミドでできています。セラミドは角質層の水分を逃がさないことによって、紫外線など外からの刺激から肌を守ってくれています。 このバリア機能は加齢や食生活の乱れ、睡眠不足、ストレス、空気の乾燥などの理由から弱まったり壊れたりします。すると肌のターンオーバーが乱れ、紫外線や髪の毛などの刺激に対してかゆくなったりピリピリしたり、肌荒れを起こしたりします。 そうならないためにセラミドが配合された化粧品を使って保湿することが、肌を健康に保つために必要になります。またセラミドは元から肌に含まれている成分なので、アレルギーを持った人にも安心です。

どんな化粧品を選ぶべきか

セラミドは水に溶けない性質を持っているので、化粧水だと肌に浸透しにくいのです。そのため美容液やクリームを選んだ方がいいでしょう。 セラミドにはいくつかの種類がありますが、美容液を選ぶときは「ヒト型セラミド」が配合されているものが保湿力が高く、刺激が少ないのでおすすめです。またセラミドは比較的高価なため、安価な美容液にはごくわずかしか配合されていないこともありますので、購入の際には成分表もチェックしましょう。 使うときは、洗顔後、化粧水を付けた後、美容液を適量手のひらに取り、顔全体にまんべんなくつけ、なじませます。強くこすったり、叩いたりするのは止めましょう。手のひらで顔を包み込んで温めると、より浸透しやすくなります。